個人輸入代行という方法

 tumult

レビトラ通販を利用する場合、「個人輸入代行」という方法でレビトラを購入することになります。
レビトラは、日本での販売はまだ認められていません。
そのため、病院で処方してもらわないと、ドラッグストアなどで購入することはできないんです。
ではなぜレビトラ通販ならレビトラを購入できるかと言うと、日本では個人で使用する分には個人輸入を認める法律があるんです。
ただ、実際に個人輸入をしようと思うと、複雑な書類を提出し、英語表記の海外サイトを解読し、正しい薬を購入する必要があります。
これはかなり面倒ですし、なにより、相当英語が達者でなければサイトを見ただけで購入する気も失せてしまうと思います。
そのため、個人と海外の販売元の間に、輸入代行業者が入り、面倒な手続きなどを全て行ってくれることで簡単に商品を購入することを「個人輸入代行」というんです。
レビトラ通販のような個人輸入代行サイトでは、サイト内の表記は全て日本語ですし、
支払い方法もクレジットカードや代引きなど、日本と同じように選べますよ。
何か不明な点があった場合も、英語ではなく日本語でやり取りできるので安心です。
ただ、このレビトラ通販の代行業者の中に悪徳業者が混じっている場合があるので注意が必要です。
個人輸入代行には決まりがあり、個人輸入代行をする上で起こった一切のトラブルの責任は購入者側にあるんです。
購入した商品が偽物でも、代金を振り込んだのに商品が届かなくても、全てこちら側の責任になってしまうんです。
トラブルに巻き込まれないためにも、しかりと代行業者を選ぶようにしましょう。